親子で情報発信!いっちー&まちゃお!わーるど

親子で、気になる、楽しめる、人の役に立つ、情報発信中!

「Flyboard Air」は、実際に自由に空中浮遊ができる乗り物!

time 2018/08/26

「Flyboard Air」は、実際に自由に空中浮遊ができる乗り物!


いっち&まちゃおです。
今回も、よろしくお願いします。

まさにSF乗り物が現実化された乗り物が登場しましたよ。

水圧を利用して空中浮遊する、ZAPATA社の「Flyboard」を
さらにタービン・エンジンで発展させた空を飛ぶ乗り物

Flyboard Air」を作っています。

これが、すごい!
映画の特撮かと思ったら、トリックなしの本物なんて・・・

sponsored link

Flyboard Airホバークラフト

独立した推進ユニットと呼ばれるFlyboard Airは
発明者Franky Zapataにとって4年間の努力を重ねています。

それはFlyboard Proシリーズ、Hoverboard、Jet Packと一緒に
Zapataの最新のホバークラフトモデルです。


ザパタは5年前に発明したウォーターフライボードで最も有名です。

 


このバージョンはハンドヘルドリモコンによって制御され
最高飛行高度は3km、最高スピードは時速約150kmで
10分間の飛行が可能!

転用:Interesting Engineeringより

驚きの動画は、

動画:devinsupertramp/YouTubeより

 

どうです、SF映画に出てくる乗り物そのものではありませんか?


『スパイダーマン』のグリーン・ゴブリンのように
空中を自由自在に・・・

 


このFlyboard Airは、タービン・エンジンは4基搭載されているようです。
エンジンを制御するコントロール・ユニット(ECU)もあり、
故障時にいきなり壁や地面に激突するのは避けられるとのこと。

しかも各エンジンに独立した回路や燃料供給システムがあるので、
1~2基のエンジンが同時に止まってもなんとか浮遊できるように
設計されているそうです。

操縦は手に握ったジョイスティックのトリガーで上昇し、
スティックをひねれば旋回。スノーボードに乗るように、
体の傾きも必要なようです。

操作なしに空中浮遊ができる「オート・ホバー・モード」も
あるため、特に訓練はしなくても乗ることができる簡単設計
引用:公式サイトより

SFじゃなくて現実に自由に飛べる時代も手が届くとこまで
間違いなく来てますね!

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。
今回は、これで終了です。
次回の更新時も、よろしくお願いします。
いっちー&まちゃおでした。

sponsored link

down

コメントする




低料金でも安心機能満載!


発信している人

いっちー&まちゃお

いっちー&まちゃお

親子で気になった情報の発信! いろいろ興味のある事に挑戦中です よろしくお願いします。 [詳細]

YouTubeにも挑戦中!

ブログ村にも参戦中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

話題のハピタス

よく読まれている記事

気になる商品満載!「楽天」



アーカイブ



sponsored link