親子で情報発信!いっちー&まちゃお!わーるど

親子で、気になる、楽しめる、人の役に立つ、情報発信中!

あなたの人生で、つかめるチャンスは、 あと何回残されているのか? 「腕時計の法則」 で考えてみる

time 2019/04/07

あなたの人生で、つかめるチャンスは、 あと何回残されているのか? 「腕時計の法則」 で考えてみる

時を刻むのは、時計ですよね・・・
無駄に、時間を過ごしていませんか?
「腕時計の法則」ていうのがあるのしってますか!


いっち&まちゃおです。
今回も、よろしくお願いします。

あなたが、
一生の内にチャンスをつかめる回数は、
あと何回、残されているのでしょう?

sponsored link

腕時計の法則?

別に腕時計と言う事は、ないのですが一番身近な時計と言う事で(笑)

大まかに考えて人生、生まれてから死ぬまで60年と考えると
腕時計の法則では、60年を1時間だと考えます。

生まれた時には、0時間0分、一秒たつごとに約6日の時が
過ぎていくと考えます。時の経つのは、大変早いと思いませんか?

義務教育終わる15歳くらいになると、将来の目標や夢また進路を
考え始まますよね
腕時計の法則では、15分経過したとかんがえます。
残り45分しかありません!

この45分を長いのか短いのかは、個人の考え方でも差は、
あると思うのですが、あなたは、どのようにかんがえますか。


アリとキリギリスだはありませんが
「まだまだ残り時間が沢山あから余裕じゃん!」と考えるか、
「あと残り45分しかない準備を進めなければ」と考えるのは、
あなたの考え方しだいだとは、思うのですが…

何もしないで「ボー」していても、どんどん時が過ぎるていきます。
時間を止めることは、できないのですから。

当然、チャンスをつかめる回数も、減っていく訳ですよ!
やり直したくても、やり直す時間も、無くなる訳です。

チャンスは、あと何回あるのかな?

30分を切ると失敗の事も考えて、あと3回チャンスを
ものに、できるかだと思うのですが・・・

後悔する前に何をやりたいのか?何にトライすべきなのか
腕時計を見た時に「腕時計の法則」を思い出してくれると
時間の使い方や行動が、変わるかもしれませんよ!

一時間を超えた場合いは?

一時間を超えると、もう人生、終わりなのか?
そんなことは、ありません。

ただ、やり直せる確率は、非常に好かないと言う事になります。

このまま、終わるか?はたまた大チャンスを掴むかは、
まさに「サドンデスチャレンジ」状態と考えるべきですかね・・・
あとは、本人の「やる気」と「頑張り」も、必要かもしれません!

自分の年を「腕時計の法則」に、あてはめて
残されたチャンスは、あと、どの位あるのか?
考えて行動するのも、あなた次第ですよ!

今回は、これで終了です。
次回の更新時も、よろしくお願いします。

いっちー&まちゃおでした。

sponsored link

down

コメントする




気になる商品満載!「楽天」



YouTubeにも挑戦中!

ブログ村にも参戦中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

発信している人

いっちー&まちゃお

いっちー&まちゃお

親子で気になった情報の発信! いろいろ興味のある事に挑戦中です よろしくお願いします。 [詳細]

よく読まれている記事

アーカイブ



sponsored link