親子で情報発信!いっちー&まちゃお!わーるど

娘のいっちーは、YouTube!パパのまちゃおは、ブログで気になる情報発信中!

静電気の恐怖から、おさらばできるアイテム!貼り直し可能の「静電気軽減 シート パチカット」

time 2018/12/01

静電気の恐怖から、おさらばできるアイテム!貼り直し可能の「静電気軽減 シート パチカット」

また、いやな季節が来ましたね。
冬と言えば乾燥、乾燥と言えば静電気
襲ってくる季節が到来しましたよ・・・


いっち&まちゃおです。
今回も、よろしくお願いします。

ドアを開けようとドアノブに手を近づけたら
「バチッ」
実に痛い!トラウマになるほどですよ・・・

静電気を防ぐには、どうしたらよいのでしょうか?

sponsored link

なぜ、静電気が起こるのか?

服を脱いだり、車のドアやドアノブ買い物をしているときの
金属製の陳列棚に触れたとき「バチッ」っとくるあの瞬間が
もうたまらなくいや!得意な人はいないと思うのですが。

私たちの身の回りにある洋服やおもちゃ、ドアノブや車のドア、
プラスティック製品などいろんなものが電気を蓄えています。


人間も、蓄えているんですよ。

静電気のメカニズム

そして電気にはプラス(+)マイナス(-)が、あります。
プラス(+)とマイナス(-)の電気の量が同じく一定なら
移動が無いので落ち着いていますが、バランスが偏り、
どちらかが多くなると移動が始まりる訳です。

人間は、摩擦や衣類の擦れなどによってプラス(+)電気を
帯電していることが多いんです。
その時に金属等と触れることで、金属のマイナス(-)電気と一気に
結合し電流が流れるんですね。

湿度と静電気は密な関係があるんですよ

湿気が多いので人間が電気を帯電していても、
湿度が高い時は空気中に水分が多いので、
空気中の水分を通してすばやく電気は逃げてしまします。

夏でも静電気は起きているのですが、湿度が高いと、
物体に溜まる電気が少なく「バチッ! 」とまで行かないんですね。

湿度が低い時は空気中に水分が少なく、電気を流す逃げ道が少ないんです。
そのため、人間や物体に電気がたまりやすく、金属に触れた際などに
一気に電流が流れ、「バチッ! 」と放電されるというわけです。
冬は、乾燥しているので要注意!

静電気対策

体に溜まっている電気を放電すれば良い訳ですが注意点!
金属系以外のゆっくり電気を通す素材に触れることが重要です。

そこでお勧めなアイテム、貼り直しが可能なシールタイプの
静電気軽減 シート パチカット 」

 


ドアノブの上に貼ったり


車の気になるところ貼ったり


スマホに貼って静電気から守る事も出来ますね

貼り直しが可能なので静電気を恐れている場所があれば、
気軽に貼っておきましょう。

このアイテムで静電気の「バチッ」から解消!

今回は、これで終了です。
次回の更新時も、よろしくお願いします。

いっちー&まちゃおでした。
ポッチ!と応援してね!今後の励みになりますので。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

sponsored link

down

コメントする




遊び!こんな遊びもあったのね?

気になる商品満載!

ブログ村にも挑戦中!

あなたの応援クリックが
この親子を覚醒させるかも?
よろしく、お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

YouTube発信中!

発信している人

いっちー&まちゃお

いっちー&まちゃお

親子で気になった情報の発信! いろいろ興味のある事に挑戦中です よろしくお願いします。 [詳細]

よく読まれた記事は?

欲しい物が必ず見つかる!

アーカイブ

だだ今の情報!



sponsored link