親子で情報発信!いっちー&まちゃお!わーるど

親子で気になった役に立つ情報を発信中(本記事は、アフィリエイト広告を含みます)

冬タイヤ交換の季節がやってきた!タイヤの悩み解決で安全ドライブ

time 2023/11/15

冬タイヤ交換の季節がやってきた!タイヤの悩み解決で安全ドライブ

冷え込みが本格化し、雪の降る季節がやってきました。

冬のドライビングに備えて、夏タイヤから冬タイヤの交換が欠かせません。

冬タイヤに交換する時に迷う事が、ありませんか?


いっちー&まちゃおです。
今回も、よろしくお願いします。

この記事では、冬タイヤに交換する際の悩みに焦点を当て、それらを解決するためのアドバイスをお伝えします。

sponsored link

冬タイヤに交換する際の悩みといえば

1. スタッドレスタイヤの選択

スタッドレスタイヤには性能差がある

ノーマルタイヤ同様に、スタッドレスタイヤも銘柄ごとに性能差があります。

基本的なタイヤの性能といえば、グリップ性能や排水性能、耐摩耗性能、静粛性能、低燃費性能などです。

スタッドレスタイヤにはこの他にも、雪上性能や氷上性能という指標があります。

スタッドレスタイヤ選びでは各種性能のバランスを考慮し、使用環境に合わせて選ぶことが大切です。

雪がよく降る地域なら雪上性能・氷上性能を重視すると共に、乾燥路面での耐摩耗性能も重視すると良いでしょう。

 

2. タイヤの寿命とメンテナンス

スタッドレスタイヤの寿命は、使用開始から3年~5年が目安です。

使用期間中は、ひび割れやプラットホームの露出がないかをチェックしましょう。

長持ちさせるためには、定期的に空気圧調整やローテーションを実施し、保管環境に気を配りつつタイヤに優しい運転を心掛けることが大切です。

 

3. 予算の考慮

冬タイヤは通常、夏タイヤよりも価格が高いですが、その投資は安全運転に直結します。

ホイール付きでの購入に向いているケースは、スタッドレスタイヤ用のホイールを所持していない場合や、夏タイヤのホイールデザインに不満がある場合です。

スタッドレスタイヤ用にホイールを用意すると、シーズンごとのタイヤの履替えを素早く行えます。

また、夏タイヤ用のホイールを好みのデザインに変更し、スタッドレスタイヤを元々装着していた純正ホイール等に履かせることもおすすめの手法です

 

4.タイヤの保管

風通しがいい冷暗所

屋内で保管するなら、風通しがいい冷暗所を選びましょう。タイヤは熱と直射日光によって劣化が進行しやすくなります。風通しがよくて熱がこもらず、直射日光を受けない場所で保管してください。

直射日光が当たらない屋外

屋外で保管するなら、直射日光が当たらない場所を選びましょう。建物の北側で常に日陰になる場所などがおすすめです。

またタイヤには雨がかからないようにしましょう。軒先などの雨を凌げる場所を選ぶか、タイヤケースやタイヤカバーを使う方法があります。

タイヤケースやタイヤカバーは、ホームセンターやカー用品店で、1,000〜2,000円程度で入手可能です。

 

5. タイヤ交換のタイミング

交換のタイミングを逃すと、急激な気温変化や初雪でトラブルが生じる可能性があります。

の変化に敏感になり、事前に計画的に交換作業を行いましょう。

 

こんな、お悩み解決方法も…

交換の手間や価格を抑えたり保管方法や緊急時に役に立つ方法をお紹介

タイヤ交換のジャッキアップの重労働から開放

 

オールシーズンだから保管場所の心配ない

 

突然の降雪時の強い

 

まとめ

冬タイヤに交換する際の悩みは多岐にわたりますが、適切な選択と計画が安全運転の鍵です。

季節の変化に備え、ドライビングを楽しむためにも、冬タイヤの重要性をしっかり理解しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。
今回は、これで終了です。

次回の更新時も、よろしくお願いします。
いっちー&まちゃおでした。

この記事が良いと思えたらポッチと応援してね!
今後の励みになりますので、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

sponsored link

down

コメントする




楽天ピックアップ商品

発信している人

親子で気になった情報の発信! いろいろ興味のある事に挑戦中です よろしくお願いします。 [詳細]

ブログ村にも挑戦中

アーカイブ



sponsored link